サポート対象外です。

にっぽん酒処めぐり #01 東京都港区 その1

23分 視聴する

今回の取材地は東京都港区。オフィス街の真ん中・芝に100年の時を経て蘇った酒蔵、東京港醸造さんを訪問。その味、そしてプレミア性から巷で話題の銘酒「江戸開城」を試飲。人気の秘密に迫ります。さらに今回、特別編として様々な垣根を飛び越えて出演してくださったのが呑兵衛の大先輩、酒場ライターの吉田類さん。新橋の日本酒バーで、今こそ飲みたい数々の美酒に2人して心酔。

にっぽん酒処めぐり #02 東京都港区 その2

23分 視聴する

今回の取材地は東京都港区。特別編のゲストとして出演してくださった酒場ライターの吉田類さんと三田の名店で一献。「番組を長く続けるコツ」などの仕事トークから、「恋や結婚」などの私生活のエピソードまで、倉嶋さんが酔った勢いで類さんに迫ります。そして浜松町ではぬる癇とフレンチのマリアージュに驚愕。さらに倉嶋さんが常連というマニアックな立ち飲み店を訪問。スパイスの効いた絶品煮込みを堪能。

にっぽん酒処めぐり #03 兵庫県神戸市 その1

23分 視聴する

歴史ある港町、西洋文明の入口として栄えた街並みを楽しみつつ、腹ごしらえに昼飲みできる居酒屋を訪問。灘の燗酒に酔いしれながら、鯖の生ずしで一献。ご当地ならではの珍しいレモンサワーも楽しみます。その後、創業500年という老舗、剣菱酒造を訪問。「杉製の暖気樽は社内で作る」「社長自ら米の検査を行う」という拘りぶり。その理由は「止まった時計でいろ」という家訓に秘密がありました。

にっぽん酒処めぐり #04 兵庫県神戸市 その2

23分 視聴する

「灘の生一本」でおなじみ、酒蔵が点在する東灘区の街をぶらり。出会った酒造資料館では酒造りの歴史を学ぶとともに、ここでしか味わえないという銘酒を楽しみます。日が暮れたら三宮の街へ。創作性あふれるくずし割烹の妙を楽しみ、古典酒場編集長が大好物な風情を醸し出す創業100年の居酒屋にバッタリ。さらに「日本酒はワイングラスで!」という絶品フレンチの店で酔いしれます。

にっぽん酒処めぐり #05 石川県小松市

23分 視聴する

新幹線で金沢駅に降り立った倉嶋さん。かけつけ一杯、ということで加賀の庶民の台所・近江町市場へ。のどぐろ・香箱ガニなど名物で一献。腹ごしらえが終わったところで小松市へ移動。現代の名工で知られる、農口尚彦が杜氏を行う「農口尚彦研究所」を訪問。洗練された蔵で造られる銘酒をテイスティング。そして酒にあう和菓子に驚愕。80を超えてもなお多忙な杜氏。お会いすることはできるのか?

にっぽん酒処めぐり #06 石川県金沢市

23分 視聴する

金沢と言えば寿司、ということで早々に寿司屋へ。地魚の握りをつまみながら一杯やっていると、締めに出てきたのは意外な食材を使った一貫。その後は倉嶋さんが必ず行くという馴染みのお店を訪問。街の外れにある小さなバーで極上のハイボールと燻製で一献。茶屋街近くのお店ではにごり酒のぬる癇と酒にあう塩むすびに驚き。最後は金沢おでんの名店を訪問。香箱ガニのおでんと地酒に酔いしれます。

TOP